破産手続きにあたってその負債にあたりほかに保証人を立てているときには、あらかじめ話をしておいたほうが無難です。千年酵素

もう一度、強調したいのですが保証人となる人物が付いているときは、破産申告の前に少し検討するべきです。サンプルファン

なぜなら、あなた自身が自己破産をして受理されれば保証人となる人がそれらの負債をいっさいがっさい果たすことになってしまうからです。ラポマインサプリメント

ですので、自己破産の前にあなたの保証人に、今までの内容とかおかれた現状を説明してお詫びの一つもなくてはいけないでしょう。ペッツデポタウン

保証人になってくれた人の立場で考えると当たり前のことです。藍の青汁

あなた自身が破産手続きをすることによって、有無を言わせず大きな支払い義務がふりかかるわけです。ソイスリム

それ以降の保証人となる人の行動の手段は以下の4つになります。まんぷくスリム

まず、保証人自身が「みな返金する」という選択肢です。チアベリースリム

あなたの保証人がいきなり何百万円もの負債を問題なく弁済できるというようなお金を用意しているならばこの手段を取ることが選択できます。デオシブEX

ただむしろ自分で破産手続きせずに保証人自身に立て替えをお願いして保証人となる人に月々の返していくということもできるかと思います。

保証人があなたと関係が良いのなら、少しだけ返金期間を延ばしてもらうことも不可能ではないかもしれません。

いっぽうでひとまとめにして返済できない場合でも、分割での返金に応じてくれます。

保証人にも破産による整理をされると、借金が全然手に入らないことが考えられるからです。

保証人が債務者の借金をあなたに代わり負う経済力がないなら、債務者とまた同じく何らかの借金を整理することを選ばなければなりません。

2つめが「任意整理」による処理です。

債権者と話し合う方法によって5年以内くらいのあいだで完済をめざす方法になっています。

弁護士事務所に依頼するときの費用は1社ごとに4万円ほど。

全部で7社からの負債がある場合だいたい28万円かかることになります。

当然貸金業者との交渉を自分でやることも不可能ではないですが債務処理に関する知識がない方の場合債権者側が確実に有利な案を提示してくるので、注意する必要があります。

任意整理を行うということはあなたの保証人に負債を代わりに払ってもらうことを意味するわけですから、あなた自身は長くかかるとしてもその人に返済を続けていくべきです。

続いて3つめはあなたの保証人もあなたと同様「破産する」という選択肢です。

その保証人も返せなくなった人と同じように破産手続きをすれば、保証人の返済義務も消えてしまいます。

ただし、あなたの保証人が不動産などを登記している場合は個人財産を没収されますし、司法書士等の職務にある場合などは影響を受けます。

個人再生という処理を検討することができます。

最後に4つめの選択肢は、「個人再生制度を使う」方法があります。

マンション等を手元に残したまま借金の整理をしていく場合や破産宣告では資格制限に触れる職務についている方に選択できるのが個人再生です。

この処理の場合、住居する不動産は残りますし、破産申し立ての場合のような職種にかかる制限、資格に影響を与える制限がかかりません。