処分をする車の見積査定ポイントとして重視される点として走行距離がまず考えられます。少なからず走行距離イコールマイカーの寿命とされるケースもありますので、その車の走行距離が長いだけ、売却額査定にとっては減点材料とされます。基本的には走行距離そのものは少ない方が自動車売却額は増えますが実際のところそれほど突っ込んだベースラインはないため、決められた目安で査定額が算出されます。これというのは現実に自動車を中古車買い取り業者に売却する際も重視される査定の大きな要点です。例えば、普通車では年間1万kmを基準としてこの線以上走っているとたいていマイナス査定の要因になるのです。軽自動車だと年間走行距離が8千kmがまた年数の割には走行距離がかなり短いとしても、査定金額が上がるとも一概には言えません。実際やってみるとたいへんよく分かりますが、車は放っておかずに走らせることでコンディションを維持しますから、年式の割に短い走行距離の中古車であれば故障のリスクが大きいと見られる場合もあります。これは車を手放す場合でも一緒です。通常は年式と走行距離についての売却額査定のポイントは、乗っていた期間にたいして程よい走行距離になっているかという点です。次に愛車の年式も中古車の買取査定のポイントになります。きっちりわかっているという人が多数だと思いますが、普通は年式については新しい方が買取査定では高評価が出やすいのですが例外としてそのシリーズに希少価値があるブランドは古い年式の車でもプラス評価で査定される場合もあります。、同じもので同じ年式でも、その年式の中でマイナーチェンジ、モデルチェンジが発表されているケースはもちろん、それぞれの仕様によって査定は異なります。同グレードの自動車の売却額と言っても様々なケースで車の評価は多少変化してくるのです。