クルマの保険には自賠責保険あるいは任意保険の2個の種別があります。自賠責保険、任意保険ともに、アクシデントなど際しての補償を得るものですが実際の中身は細かな点で違います。二つの保険を比較すると補償がなされる条件が同じではありません。※事故の相手へは任意保険・自賠責保険を用いて補償します。※自分には、<任意保険>によってのみ補償します。※自己の私有する財産については[任意保険]を用いて補償されるようになっています。自賠責保険単体では、自分自身への傷もしくは自動車に対する補償などのサポートは受けることができません。相手に向けての賠償などですが自賠責保険ならば亡くなられた場合は最高額三千万円障害が残った場合最大額で4,000万と決まっています。しかし実際の賠償額が前述した数字を凌駕することはよくあることに注意しましょう。加えて事故の相手方の自動車あるいは家を毀損した際においては、加害者による補償にならざるを得ません。そのようなわけで任意保険という制度が重要だと考えられます。被害者に対する救済を重要視する任意保険には、それとはまた違った独自の補償があるのです。※事故の相手へは死亡時もしくは怪我に加えて、愛車もしくは建築物といった様々な所有物を賠償してくれるのです。※自らへは同伴していた人も込みで死亡時または怪我を補償してくれます。※自己の所有する財産に対しては、クルマを賠償します。このように色んな面での支援が安心できるものであるということが任意保険のストロングポイントです。保険の料金の負担はもちろん必要となることは仕方ないですが事故に巻き込まれた時の相手方のためにも自分を守るためにもマイカーに余計な心配を抱くことなく乗りたいのであれば任意保険というものにお世話になっておいた方がよいでしょう。